絵空言




星   煌めいて    私は

日も暮れたので 軽く夕食を済ませた後 私は とぼとぼと 裏庭から続く森の中に分け入り いつもの空き地で 夜空を見上げていた
今日は いつになく風が冷たいが まだ 凍り始めてはいない

そこで私が何をしているのかと言えば 勿論 星座を描き 神話を喚び起こすつもりなのだ


季節は過ぎて 星は移ろうのだけれども
何故か私は いつも 星座を描き損ねる
いや 描かれた星座を受け取り損ねると言うべきなのだろうか

誰もが それぞれに星座を描き それぞれの神話を語るものだが
しかし 私には どうしても星座が描けない

星たちは いつだって勝手に ぎらぎら光っているのだ
何の協調性もなく

神話の神々は 闇の中を右往左往して 息絶えていくのだ
何の物語も 紡ぎ出せずに

そもそも それは 私が 描かねばならぬのか  自ずと 描かれるものなのか すら わからない
そんなことすらわからないのならさっさと 諦めてしまえば良さそうなものだが
私には やはり 何か 描かれねばならぬ星座が あったような気が しているのだ
喚び起こされ 語られねばならぬ神話が 確かにあったはずなのだ

そうなのだ   私には どうしても 
その星座と神話に 織り込まなければならぬ 何か ひどく大切なことが あったのだ
それだけは 忘れまいと思っていたことは 覚えているのに
それが何だったのか どうしても思い出せない

だから 星座を描けないのだろうか

何か とても大切な
誰にとって 何故大切なのか
理由も きちんとあったのだが
何一つ 思い出せないのだ

風が 凍り始めてしまう前に
星座は描かれ 神話は語り尽くされねばならぬのに
もう 季節は 凍り始める気配に満ちているというのに

それなのに 私は
まだ 何も  何一つも  描けていないのだ

いつも 森に入り 空き地に転がる大きな石に腰掛けて 星を 漫然と眺め 夜更けに 虚しく家に帰る
そんな日を 一体 どれほど 繰り返せば 気が済むのだろう

焦燥と諦念の狭間で  私は 空回りを続ける


風が 凍り始めたなら
何もかもが 消えてしまうから


星も月も    空も

                                   私も

コトバなど 発する前に 消し飛ばされるから

だから

            せめて


                            風の 凍り始める前に


刻みたいのに



私は





そして 

私は  

今日も

森の中の空き地で 一人 
食い入るように 星を見ている
  1. 2010/12/01(水) 20:51:48|
  2. お話

詩とは



詩とは 喜び

慈しみ 

舞う言葉


詩とは 嘘     優しい 嘘

初春の  雪に似て



詩とは 怒り 

哀しみ   

虚ろな言葉


詩とは 偽り    冷たい偽り

晩秋の 雨に似て




詩とは  

躍る光    澱む闇

正気と引き換えに遺すもの



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/03(金) 19:34:18|
  2. 空言

人や イノチと いったもの




俺は 認めたくないのだが

人を繋ぎ止めているのは

どうやら  人らしい



どうやら  イノチは

イノチが  繋ぎ止めて  いるらしい



まったく

誰かのイノチを 貪り喰って

生き永らえるのが 

イノチなんだろうに


誰かのイノチを 断ち切ってでも

生き残ろうとするのが

イノチなんだろうに


まったく

俺たちが 今までに 喰った

イノチでないものを

数え上げてみたら どうなんだ

俺たちが どれほどの イノチを

貪り喰って

貪り喰って

貪り喰って

喰い散らかしてきたのか


なのに イノチが 

イノチを 繋ぎ止めているとは

一体全体   どうしたことか




俺は

俺が 

人に

繋ぎ止められている

などとは

まったくもって

認めたくないのだ   が



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/04(土) 19:27:10|
  2. 空言

静かな 朝



朝焼けの中に

私 が

落ちていた



記憶が 風に押されるようにして 歩いて行った

私 を 置き去りにして


あぁ 記憶の後ろ姿は 儚いな

と 思った


そんな 私 を見捨てて

影は 忍び足で 後退りして行った


私 は それに 気づいてはいたのだけれど

どうすればいいのか わからなかった


思考と感情は 混乱して

それでも暫く 抵抗して 

空に 赤黒く 渦を巻いていたのだが

やがて 諦めたのか   霧のように 消えた

血を 流したような  空に  




あぁ  やっぱり 何にもなれなかったのだな   

私 は




そこはかとなく浮かんだ想いは

すぐに 私 を 捨てて

朝焼けの中に   見えなくなった



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/05(日) 18:55:32|
  2. 空言

天気雨



ある日 ふっと 消えればいいな

初めっから 居なかったも同じに
消えればいいな

希薄になって

透きとおって

大気に溶け込むように

ふっと 消えればいいな



天気雨みたいに

降るはずのない 雨みたいに

いるはずのない あたしでいいのに

存在感なんて もういらない

ホントは降らないはずなのに

天邪鬼で ちょっと降ってみただけ

ホントはいないはずなのに

天邪鬼で ちょっと生きてみただけ



ある日 ふっと消えればいいな

気づいたら止んでる 天気雨みたいに



続きを読む

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/08(水) 21:02:41|
  2. 空言

未来志向


死を見ずに 

未来志向とか言うなよ


あんたの絶対不可避な未来は 

死  なのだから



死から目を背けて 

明日があるさ  なんて

死んでも言うなよ


それは 一歩 

死に 近づくことなのだから



死ぬということ

この あまりにも当たり前な 単なる事実





夢を語れ

愛を謳え

そして





死を思え




テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/09(木) 23:04:38|
  2. 由無事

疑問で愚問か



ポジティブ
ネガティブ
ネガティブ
ポジティブ

前向き
後ろ向き

後ろ歩き
横歩き

君はどっちを向いている?

ネガティブ
ポジティブ
ポジティブ
ネガティブ

未来に執着
記憶に固執

俺はどっちを向いている?

振り返った先に 何がある?
見据えた未来に 何がある?

ポジティブ
ネガティブ
ポジティブ 
ネガティブ

未来を眺望
過去への憧憬

同じ世界を   見ているつもりで
足並み揃えて 何処へ行く?

一人   はぐれて
そんなに駆けて 何処へ行く?

どの道行こうと 足跡だらけ

ポジティブ
ネガティブ

ネガティブ



ネガティブ






俺は   今     何処にいるのかな?




続きを読む

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/11(土) 19:37:51|
  2. 由無事

小石を一つ  足してみようか    その苦しみに



越えられない試練は ない と あなたは 言うのですか?

神は 背負いきれぬ荷物を与えない 

そう あなたは言うのですか?


この 国だけで

毎年 何万人が 

自ら

死を選ぶのか


彼らや 彼女らは 喜びに満ちて 死を選んだわけじゃないでしょう?

試練なのか何なのかは知らないけれども

みんな 何やら 堪えられなかったのでしょう?

生きたくても 生きられなかった者が 殆どなのでしょう?


記憶 とか

他人 とか

不安 とか

自分 とか

絶望 とか

人間であること  とか

孤独 とか

存在していること   とか


いろいろ 堪えられなかったのでしょう?


それとも 越えられる峠を
彼らは あと少しで 諦めてしまっただけなのですか?

明けぬ夜のないことを
彼女らは 忘れてしまっていただけなのですか?


だとしても 結局 みんな 押し潰されてしまった

堪えられなかった



ヒトは 脆いよ

容易く 折れるよ


手折られる花みたいに

イノチは 脆いよ






・・・神が いるとしたら 笑っているのだ


ふむ  こいつ だいぶ ふらついてきたね

ちょいと 泥濘に誘導してやろうか

ダメかな?行けるかな?
あー やっぱり ダメだったか


おっ こいつは堪えてるな

んじゃ 小石を も一つ 足してみようか

その苦しみに



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/12(日) 16:09:51|
  2. 由無事

最後には


わかってたんだ

最後は 黙り込むしかないって


すべての言葉を 後に

一人で 沈黙に 溶けて行くしかないって




理屈を捏ねれば 何もかもが終わってしまって

本当に突き詰めるならば
すべてを終わらせる方程式しか導き出せなくて

でも 生きるためには そんなの必要無くて
無駄で 邪魔で 

生き始めるためには そんなの絵空事で
遠い世界のおとぎ話で
別の宇宙の昔話で


生きるのに必要なのは 

打算心算の技術で
適応の技術で 世間常識で 
暇潰しの愛の賛美歌で
勇気づけられる人生の軍歌で
中途半端な主義主張で
あらゆる雑多な価値観で
自己同一化の確立で


そんなの 私に 詠えるわけもない




私が あなただったら
私に言うだろうね

「あなた 本当に 終わってるね」

で 私は 何て答えようか

・・・気のきいたセリフも浮かばないので

「うん」

とだけ 答えておきましょうか



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/12(日) 17:27:42|
  2. 由無事

政治家たちへ



より良き国を作ろうとする

その志は 大層ご立派なことだが

あんたらの その性格は

そのままで いいのかい?



朝の街角で 演説しているあんたは 

あんたについて

どのくらい 知っているのかな?


国会で 答弁している あんたは 

あんたの無意識を

何処まで 抉ってみたのかな?


お家に帰って 明日を考えるあんたは

あんたの 欲望と 願望と 希望の果てに

何があるのか 

考えてみたことは あるのかな?



いや あんたが それでいい

そのままでいいってんなら 

あんたには それがお似合いなんだろうが



あたしは あんたらの国には 

あんまり 住みたくないかもしれないな


テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/18(土) 13:17:53|
  2. 由無事

どうでもいいけどさ


「どうでもいい     whatever」

この言葉  ある調査によれば アメリカ人が 最も不快に感ずる言葉  らしい

「どうでもいい」

私の好きな言葉の一つなんだけどね

ははは  アメリカに行けないね



確かに 自分にとって大切なことを どうでもいい とか言われたら 誰だって不快になるのだろう が

どうでもいい に敏感

ということは

どうでもよくない拘りが それだけ多い とも言えそうだ

自分の価値観への拘りが強い ということなのだろうか

嫌悪憎悪憤怒=自分の価値観が 死滅する時に生ずる感覚

そんな話を 読んだことがある

価値観への拘り

それは 不自由なのではなかろうか

価値観への固執が強いほど
嫌悪憎悪憤怒は 強くなるのではなかろうか

私は どうなんだろう

例えば ・・・

「あなた どうでもいいことばかり書いてますね」

「うん  ・・・そうだね」

どうでもいい と言われても そんなのは どうでもいいような気はする

何にしても どうでもいい のは 当たり前ではなかろうか

宇宙は 人間を中心に回っているわけでは ないし



・・・敢えて言えば
私は 拘らないことに 拘っているかもしれない

何にも拘りたくない と 思っている

そのためには 自分の拘りに 気づいていたい とも 思っている

まぁ どうでもいいや

価値観なんて 全部 捨てちまえ



続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/19(日) 09:27:05|
  2. 由無事

論語の 好きな言葉




『死生   命あり

    富貴   天にあり』



この言葉の何処が いいのか?

勿論 投げやりなところ である

この どうでもいい感じ

仕方ないものは 放っておけ みたいな

私の 好みですね


ヒトは結局 今できることをするしかないわけで



・・・しかし 私は結構 自由意志を 疑ったりしている

だいぶ前にも書いたけど

自由意志
そんなもの ないんじゃないのかなぁ?

いや しかし 意志や思考や感情や直観
そういったものが 何処より湧き出でてくるのか
そもそも 意志 思考 感情 直観といったものの実体を 私がまるで知らない以上
自由意志を一概に否定するのは 短絡的であるかもしれない




テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/20(月) 19:59:59|
  2. 由無事

尋ね人



人を 探しているのです

もし 心当たりがあったら

教えてもらえませんか



例えば

隣に 誰か 座っていて 

凍りついた血の気配を感じるのだけど

でも 確かめては いけない

目を 合わせては いけない

そんなことは ありませんか


何もかもが 変わってしまうから

変えられてしまうから

頑なに 前を 見続けていたことは ありませんか



例えば

後ろを 誰か 歩いていて

とても懐かしいのだけど

でも 振り返っては いけない

声を出しては いけない

そんなことは ありませんでしたか


引き返せなくなるから 

二度と 戻れなくなるから 

歯を食い縛って 歩き続けたことは ありませんでしたか



宇宙(ソラ)の 裏側を 覗き込んでしまったような

そんな 誰かの横顔を 

視界の隅に 

捉えたことは  ありませんか



もし そんなことがあったら

僕に 教えてくれませんか

僕の 探している人は そんな 人なのです




テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/21(火) 21:51:28|
  2. 空言

そんなはずじゃなかった



破るための 誓い

裏切るための 約束


捨てるために 拾い

絶望するために 希望に縋る


そんな はずじゃなかった


神を 信じたのは

神を 殺すため


そんな つもりじゃなかった


あたしの世界に 巣食う神々を 一掃するため


本当に そんな つもりじゃなかったんだ


神を愛し 

神と語り 

それだけで よかった


それだけで よかったのに

愚かなあたしは

神を問い


神の存在目的を   問い

神の存在価値を   問い

神の存在理由を   問い

問い続け


そうして


     神は


               自ずと



                           狂い






                                               死んでしまった





テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/23(木) 15:59:06|
  2. 空言

十二月 二十四日


そうか

今日は クリスマス・イヴ だったのだな

部屋で 登山靴の手入れをしながら

ふと 思う



アイゼンの爪は 尖らせた

ピッケルは問題ない



骨を凍らせる 風の気配に

あの氷点下の孤独が 懐かしくなり

もう一度 雪に埋もれた谷を

氷雪に覆われた峰を 辿ってみようかと

天気を気にしている



いや 本当は

この空漠たる精神を

あの白い山に 叩きつけてみたら

どうなるのだろう

ただ それが 知りたいだけなのだ

赤い血が 少しは まだ 流れているのだろうか



ネットで眺める天気図は

西高東低  冬型の気圧配置



行かない方が 良さそうだな

そう 思いながら

靴の手入れを 続けている



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/24(金) 20:54:43|
  2. 日記

十二月 二十六日



年末年始  気圧配置は再び冬型になるらしい

山は 荒れるだろうから

行けば 引き返すか 遭難するかの どちらかだろう

それを予測した上で行くと言うのなら

引き返すようなことは しないだろう

それも面白い と思ったが 今年はやめておこう

少し位 楽しみを先に取っておいてもよくはないか



白い世界で 歩を進める意味を見失えば

風と雪が 私を速やかに 葬ってくれるだろう

貧富貴賎幸不幸

一切 関わりなく 風は イノチを吹き消すだろう

雪は 私を 流して 埋めるだろう

それも面白い と思ったが 今年はやめておこう

少し位 楽しみは先に取っておくものなんじゃないのか

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/26(日) 20:44:50|
  2. 日記

その先へ




歩め

歩め

歩め

その先へ


進め

進め

進め

這ってでも


朽ち果てたのは 何だろう

壊れちまったのは 何だろう

何が 腐って

何が 土に還ったのか


何であろうと 知ったコトか


たとえ 身と魂とを 置き去りにする羽目になったとしても

進め

たとえ 不可避の 闇しか見えなかったとしても

進め

そこが光の 終焉だったとしても

進め


進め



進め



 

その先へ



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/30(木) 16:59:02|
  2. 空言

空回り



この どうでもいい 空の下で

なくした心臓を探しながら

紡ぐ言の葉は  空回り


この どうでもいい 星の上で

言霊 剥がれ落ちて

空疎な言の葉は 上滑り


言霊宿らぬ 言の葉を並べたてて

どうでもいい僕は

頭上のシリウスに遠吠えしてみた




言霊 宿らぬ言の葉は

二階の屋根にも 届きやしない


 

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/31(金) 11:44:09|
  2. 空言