絵空言 2013年10月

絵空言




深まりゆく影の中で

神から遠く離れた銀河の果てで

愛を知らぬ者が愛を語り
神を知らぬ者が神を語る

忘却は忘却を呼び寄せ
影はまるで実体を持つかのように
光に群がり イノチを蝕み

地獄を創造する


神は地平に沈んで久しく

傀儡師たちが愛を操り
亡者たちが神を騙る

忘却は忘却に積み重なり
影はまるで支配者のように振る舞い
光を覆い イノチを焦がし

都市は瘴気に沈む


誰も彼もが希望そのものなのに

なのに誰もが絶望に喘いでいる


  1. 2013/10/25(金) 18:43:27|
  2. 詩のやうな
  3. | コメント:0