絵空言




消えない記憶


思い続けていれば いつかまた会えるとでもいうのですか
道行く人に あなたの面影を探しています
 
いいえ 本当は会いたくなどないのです 
いったいどんな顔をして あなたに会えるというのですか 
あなたは未熟なわたしを知っているでしょう?
あなたはわたしを見知らぬ他人を見る目で見るでしょう?
いったいわたしはあなたに何を語ればいいのですか
 
ええ わたしはあなたに会うのが恐ろしい
もう 会えない 会えるはずがない 
そう自分に言い聞かせて
それでも懐かしいあなたのまなざしを 人込みの中に探しながら 
今日もまた会社に行きました
 
電車の車掌さんはあなたによく似た人でした
思わずあなたの名を口にしそうになった自分に驚き
そしてあなたが懐かしくて また泣きそうになりました




テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/28(月) 18:39:57|
  2. 詩のやうな
  3. | コメント:0
<<杞憂 | ホーム | 成人式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する