絵空言 詩

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君のために創った詩(ウタ)は

君の目に触れることなく

夏の陽射しに溶けていく

記憶の底に 消えていく


君のために歌った詩は

君の耳に届くことなく

蝉たちの声に溶けていく

微かな余韻ばかりを残して 消えていく



僕の 何も  君には  届かなかった

「腐って死んでしまえ」

僕は  少し   僕を  呪った



テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/03(火) 19:10:55|
  2. 詩のやうな
  3. | コメント:0
<<ただ 沈黙を | ホーム | 散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。