絵空言




あたしには何も言えなかった



死んだ者の心の内など 誰に分かるだろう

あぁ 頼むから 死者を一緒くたにしないでくれ

百億の死
千億の理由

あぁ 頼むから  死者をとやかく言わないでくれ

あんたは何かできたかもしれないし
何もできなかったかもしれない

あんたは分かっているかもしれないし
何も分かっちゃいないのかもしれない

でも残されたのは結果ばかりなんだ

あたしらには 黙って見送ることしか できないんだ







高校の頃、友人が死んだ。

自分は、なんか、泣いていた。



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/14(土) 21:08:41|
  2. 由無事
  3. | コメント:0
<<お盆休みの過ごし方 | ホーム | 言の葉 一葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する