絵空言




地獄の底で


誰が伸ばすか蜘蛛の糸
これ見よがしに天から伸びてる
這い上ったところで自慢にゃならねぇ
そんなものにしがみついてねぇで
さっさと地獄に堕ちようぜ

現世突き抜け地獄まで
真っ逆さまに堕ちようぜ

天から降り注ぐ蜘蛛の糸
切れたところで代わりの糸は腐るほどあるぜ
糸に絡めとられてもがくより
さっさと切ろうぜ   蜘蛛の糸

夢の糸やら  希望の糸
登ったところで先は見えてる
先が見えてりゃ 其処で終わりだ
未練がましく見上げてねぇで
さっさと切ろうぜ   蜘蛛の糸
さっさと切って
地獄の底まで 堕ちようぜ

現世突き抜け地獄まで
真っ逆さまに堕ちようぜ


地獄に堕ちたら やるべきことは唯一つ
地獄に蠢く有象無象は相手にするな
為すべきことは 唯一つ
地獄の底を 踏み抜くことさ

群がる亡者を蹴散らして
成すべきことは 唯一つ
地獄の底を 蹴破ることさ

天国も地獄も放り出せ
上に行っても埒あかねぇ
下に行けば根っこが見えるぜ
世界の根っこをぶち壊せ
天国も地獄もありゃしねぇ

地獄の底を蹴破って
何かいいコトあるかって?
そんなもんは ありゃしねぇ
いいコトなんぞ  何処にもねぇ

ただ 俺はちょっとばかし疲れちまって
何もかも一切合財 放り出したくなっただけなのさ


テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/16(月) 19:35:12|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<光は 零れ堕ちて | ホーム | お盆休みの過ごし方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する