絵空言




吠える


なあに 俺は死ぬまで バカを吠え続けてやるさ
誰も聞いてなくても 吠え続けるのさ
血反吐を吐いてくたばるまで続けるぜ

誰もがウンザリして背を向けても 止めねぇぜ
あのクソみたいな神とやらが しっかり聞いていてくださるからね

聞いて聞かぬフリ 見て見ぬフリ 神様はいつも為さっておられる

だから俺は 脳ミソぶちまけてくたばるまで
バカを続けるのさ

なあに 誰も相手にしてくれなくても知ったことか
あのクソみたいな神とやらが 見ていてくださるからね

あのクソみたいな神の クソったれぶりを
当の神御自身がウンザリなさるまで
俺は吠え立ててやるさ クソったれめ

当の神御自身が 御自ら 俺という魂を抹殺なさるまで
俺は続けるぜ

この肉体が滅ぼされても
何度でも生まれ変わってやる

この銀河が焼き尽くされても
隣の銀河で吠えてやる

この宇宙を揉み潰しても
あっちの宇宙からそっちの宇宙へ飛び回って吠えてやる 

全宇宙を消し去るなら
虚空の果てで 吠えてやる
神の腹の中で 吠えてやる

クソったれめ 覚えてろ



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/19(木) 20:37:14|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<自転車でさ | ホーム | 光は 零れ堕ちて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する