絵空言 貴船神社にて

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

貴船神社にて



トビの声

潮の匂い

蝉は鳴き

骸になるまで 鳴き狂い



石段を上り切った 神社の前で

僕は 手を合わせる

目を閉じて  何も祈らずに



いつか見た世界の果てでは

イノチが 止め処なく 流れていたから

何を祈ればいいのか わからなくて

僕は 手を合わせ 目を閉じて  何も祈らず  佇んで



目を開ければ  空は 蒼過ぎて

そうして 僕は 石段を 下りる



蝉の骸は 

蟻が 運んで行った



テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/08/26(木) 21:43:11|
  2. 空言
  3. | コメント:1
<<善意と 偽善と | ホーム | 未来>>

コメント

貴船というのは京都でしょうか。
僕の地元(京都じゃない)にも貴船神社あるんですよ。

おひさしゅう。
たくさん書いてください。楽しみです。
  1. 2010/08/28(土) 09:19:29 |
  2. URL |
  3. 原子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。