絵空言




闇の中


まだ 終りではないと

口癖のように呟きながら

出口の見えぬ夕闇を

歩き続ける

まだ 先があると

まだ 入り口に過ぎないと

自分に言い聞かせながら

ただ 前へ と  歩みを進める

過ぎた世界は  あまりにも遠く

今更 帰れる筈も無く

長く 果て無きかに思われた 先は

或いは短く

或いは  まるで    無きかのようで

進む意思すら 朧に溶けて

出口の見えぬ黄昏に

今日も 彷徨う



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/09/18(土) 21:40:27|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<輪廻 | ホーム | どこかが病んでいるつもりはないが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する