絵空言




影踏み


日が傾いて 影が伸び
僕はニヤニヤ笑って 影を踏む

浅いね この影  浅過ぎる
あんた 人生何を思って 過ごしてきたの

浅いよ 浅い 
あんたら いい年こいて 今まで一体 何して来たの

何でこんなに浅いのか
溺れることすら 出来やしない



街は黄昏 影は伸び
僕はヘラヘラ笑って 影探す

ヌルいね この影  ヌル過ぎる
幾らカッコつけても
君の人生 先が知れてる

ヌルいよ ヌルい 
路上で 喧嘩してても 
おまえの影は 話にならん

何でこんなにヌルいのか
あってもなくても 同じじゃね?



あちらの影から こちらの影へ
僕はクスクス笑って 影を踏む

おじいさん
あんたの影は いい味出してる
でも 少しばかり 苦痛が足りない

お姉さん
あなたの影は ステキだね
深まるほどに 澄み渡る
でも 僕が融けて消えるには 清澄に過ぎる



残照消えて  影は消え
僕は 影踏み損ねて 
今日も 此の世に 居残りです

いい影 見つかる夢を見て
今宵も 地球の影で 眠ります





テーマ:奇妙な物語 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/11/25(木) 22:17:25|
  2. 空言