絵空言 一月八日~一月十日

絵空言




一月八日~一月十日

一月八日 土曜日 

図書館でCD借りて、部屋で聞いていたが、どうにも気が滅入ってくる。
ふと思った。明日、雲取山に行こう。月曜まで休みだから、テント持ってって、一泊してこよう。
携帯で登山口までのルートを検索する。奥多摩駅に7時46分。8時35分のバスで鴨沢まで。9時過ぎには登り始められる。
しかし、携帯、便利だね。時刻表を捲って調べるなんてこと、必要ないんだね。

まぁ、年末に山に行こうと思って、準備はしてあって、天気の都合で結局行かなかっただけだったから、
改めてした準備と言えば、行動食を少し買いに行ったくらいかな。

問題は積雪の状態なわけだが。関東平野は、いい天気続いていたからなぁ・・・。雪、そんなにねぇだろ。
アイゼン。いるのかね?奥多摩だぜ?さすがに12本爪はいらんだろうが、でも4本爪の軽アイゼンくらいは持ってくべきなんだろうな・・・。
はい。持っていくべきです。スパッツもあった方がいいです。
特に、雲取山から、三峰方面に抜けるなら、ピッケルを持っていってもいいくらいです。
はい。
でも、結局自分、アイゼンも、ピッケルも、スパッツも持っていきませんでした。
理由?晴天が続いていたこと。1月であること。からして、積雪は少ないだろうと。
あっても大したことないだろうし、氷結しているようなところはないだろうと。
そんなわけで持っていっても使わない、に賭けてみただけです。
こういう賭けはしない方がいいんでしょうけど。
持って行った方が、安心感はあるんでしょうけど。

一月九日 日曜日

そんなわけで、ザックに必要そうなもの、適当に詰め込んで、早朝に出発。
9時20分頃に、登山開始。サクサク登って14時20分頃、雲取山頂上。標高2018m。東京都内で唯一の2000m峰です。
眺めいいねぇ。逆光のせいか、少し、霞んでるけど、富士山もよく見える。
雪は、思っていたよりも多少、多いか?でもまぁ、こんなもんだろ。南側斜面には殆どないか、あっても土が露出している。






さて、テントは持って行ったものの、宿泊場所は決めていなかった。
まず、第一候補の雲取山避難小屋。なかなか居心地よさげである。
殆ど頂上にあるため、見晴らしも非常に良く、日の入りと日の出の写真も撮れる。便所が、まぁ、その、あれで、いろいろ凍りついていたが、それはともかく。水の確保。積雪を溶かすわけだけど、最近降ってないから、雪が汚れてる。でも沸かすからいいか。
でもなぁ。すでに先客が一人か二人。後から、また何人か来るんだろう。
大人数は、苦手なんだよなぁ・・・。

というわけで、山頂から少し下って、次の候補の雲取山荘へ。雲取山から北は、積雪が解けずに、かなり残っている。
15時過ぎですな。小屋は営業中で、小屋の前に幕営できる。見晴らしは良くないが、水は、小屋でもらえるだろうし、便所も管理されているだろう。
でもなぁ。小屋の中には人が居るし、人の出入りもあるだろう。なんだかなぁ。幕営料払ってまで、此処にする理由もねぇなぁ?まぁ、時間的に無理はしたくないが、先に行くか。そもそも、まだ5時間半しか歩いてない。足りない。山を食い足りない。

というわけで、次の候補地の白岩小屋へ。少しばかり、いい感じに脂汗かいて、いい感じに脚も強張って、16時半?白岩小屋到着。傾いた、古い小屋である。幕営地は此処らでよかろう。中は埃っぽいので、外にテントを張ることにした。先客が一人、テントを張ってた。
雪は、小屋の屋根に積もってたのが比較的きれいだった。
で、適当に飯食って、寝ることにした。が。寒い。夜。テント内の気温は 0度くらいなのに、寒い。山、久し振りだからなぁ。雪山なんて2年振りじゃねぇの?寒さに弱くなってるなー。
寒くてよく眠れねぇ。・・・あら。さらさらとテントに雪の音がする。さっきまで晴れてて奇麗な日没だったんだけどな。・・・で、またうとうとして、次に目が覚めた時、テントの外を見ると、一面の星空だった。オリオン座と獅子座はわかった。ウサギ座も見つけた。あとはよくわかんねぇや。






一月十日 月曜日

夜明け。あー、今日は下るだけだから慌てるこたないな。のろのろと準備して 7時だか 8時だかに出発。妙法ヶ岳に寄り道して、三峯神社をうろうろして、三峯ロープウェイがなくなってたので歩いて大輪まで下り、そっから14時20分のバスで帰りました。



今回は運が良かった。運、としか言えないよな。まぁ、大したことじゃないんだけど。
白岩小屋でテント張ってた先客の兄ちゃんが、ロープウェイ、もうないよ、って教えてくれてさ。そんでまぁ、ロープウェイ探しておろおろしないですんで、大輪に下ったんだけど、大輪のバス停でさ、1時間に一本あるかないかの西武秩父駅行きの急行バスに3分待つだけで乗れてさ。

うん。それだけの話。

それから。翌日、不覚にも、筋肉痛。ううむ。奥多摩で筋肉痛かぁ。体力的には問題なかったけど、脚の筋力は衰えていたらしい。
歳?い、いや、きちんとトレーニングしてなかっただけですよったら。

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/01/16(日) 20:53:52|
  2. 日記