絵空言




人生という一日を 夢に見た



夢を 見たよ


夜明けの空気と 

鳥の囀りに 起こされる 夢を


緩い陽射しに戯れる

樹々の ざわめきを聞きながら

あてもなく 彷徨う 夢を


何もわからぬままに 歩き続け

訪れる黄昏を 不思議に 思いながらも

天を満たす 星の海と

果てなき静寂に  

心奪われたまま 

永久(トコシエ)の眠りに 


落ちる 


そんな  夢を







・・・そんな 夢から覚めた僕は 

もう少しだけ 歩こう と 思った

何の あてもなかったけれど



テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/01/26(水) 18:58:41|
  2. 空言