絵空言 あたしという存在

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あたしという存在

あたしという存在


あたしは時々
優しい と 言われる

そして 時々
冷たい と 言われる

でも あたしは
知らないんだ

優しさも 冷たさも

何も わからないんだ

だからそんなことを言われても
少し困惑して
少し作り笑いをして
よく聞こえなかったフリをする

わからないことは 気づかぬうちに 増えてくみたいだ

・・・孤独
知らないね
何ですか? それは

知らない
・・・愛
・・・友情
わからないな  あたしには

何なんだよ?
・・・恋
・・・思いやり
知らない


いや 嘘だ

本当は 知ってる

・・・いや それも嘘だな

孤独も 恋愛も
たぶん 知っていたような気は するんだ

いつだったかな
恋をしたのは いつだったかな
孤独に苛まれていたのは 
いつのことだったかな

確かに そんな日々が あったような気はしてるんだ

でもね
全部 忘れちまったみたいなんだよ

何処かで 感覚が 途切れてるんだ

いや 感覚が 磨滅してしまったわけではないと思うぞ

見目麗しきもの
好ましきもの
美しきもの
人でも 物でも 言葉でも 
そのように感ずることは  あるからね

醜悪なもの
嫌悪感
嘔吐感
そう感ずることだって あるさ

でも ただ それだけで

いつかはわからない 過去の何処かで
やっぱり あたしは 何か 無くしたみたいだ

もしかしたら

今も まだ 無くしつつあるのかもしれないな


そうして あたしは

少しづつ
姿を 変えていくのかもしれないね

不可視の何かを 解き放ちながらさ

いつか 消える日まで

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/05(火) 22:40:07|
  2. 空言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。