絵空言




絶対不可知

深い虚無の霧は薄らぎ
透明な不可知が何処までも続く

如何なる弁明も説明も成立し得ない
透明な
透明な
何処までも透明な 不可知が続く

私は 生きてはいるが生を知らぬ
やがて死ぬるが死を知らぬ
世界を
宇宙を
存在を 知らぬ
私は 私であるが私を知らぬ
認識はあるが認識を知らぬ
一切の対象は消え ただ不可知が残る

この不可知を あなたに知らしめようとは思わない
あなたに 私の何も伝わらずとも構わない

私は あなたがあなたに振り戻されることを望む
あなたがあなたの道を歩むことを願う

私が この不可知を徹底せざるを得ないように
あなたが あなたとして存在することを …私は祈る
  1. 2013/06/23(日) 02:29:27|
  2. 詩のやうな
  3. | コメント:0
<<階梯 | ホーム | 一輪の花にすら 届かない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する