絵空言 転生

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

転生

ある日俺は真面目に生きようと 思った
正真正銘 真剣に生きようと 思った
非の打ち所なく 完全に生きようと 思った

そう思った俺は まず意味を探しに出かけた
目的を知るため 旅に出た

俺の生きる理由を
俺の意識の目的を

宇宙の存在する価値を
世界が始まり
やがて終わるであろう意味を
俺は探した

意味が分かれば 
生き方が分かる
目的が分かれば
全てにおいて正しく行動できる
そう 思った 

意味を探して 俺の旅は続いた
密林の部族を訪ね
ヒマラヤに師を探した

転生を繰り返し
男になり 女になり 
宇宙の目的を探した

星々を巡り 
奇妙な生き物になり
存在の始まりを探した

行く先々で
俺は嗤われた
いつまでバカを続けるのかと

行く先々で
俺は感心された
よくもそこまでバカを続けられるものだと

感性は摩滅し
感覚は消尽し
この手が師に届くことはなく

俺はまたこの星に落ちてきた
何一つとして得ずに
より多くを失って

俺はまたこの始まりの地に
放り出された

一体俺に 何が残されているというのだろう?

今日もまた
俺は 絶望色に晴れ渡った空を
為す術も無く
ただ 見上げている


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/03/27(土) 13:15:09|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<旅立ち | ホーム | 末期の景色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。