絵空言




漂うということ

俺らはいつだって虚空を漂っていて
それが生きるってことで

じゃあ 死って何ですかって聞かれたら
風向きが変わることさ としか俺には答えられなくて

そんなんじゃ全然わかんないよと君は口を尖らせるけど
他に言葉も浮かばなくて

やっぱり俺はどうにもこうにも半端な奴だなぁと空を見上げる

君は少し疲れたふうに 海を見ている
  1. 2013/07/13(土) 10:20:57|
  2. 詩のやうな
  3. | コメント:0
<<世界の果てにて | ホーム | 騙し絵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する