絵空言 空へ

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空へ

何処をどう歩いてきたかは忘れたが
気付いた時には
理想は腐り
夢は錆びつき
哲学も
宗教も
薄っぺらくなって矛盾だらけで
ニヒリズムも
アナキズムも
ただの水溜りになってしまった

何もかもが
雨の日に園児たちが長靴はいてパシャパシャやってる
濁った水溜りだ
なんでそんなものがまかり通っているのか
なんでそんなものに満足できるのか

僕は溺れて死ねるだけの深さが欲しかったので
すべての消えていける深さが欲しかったので
一人で深淵を探しに行ったのだけど
海も湖も見つからなくて
延々と歩き続けてはみたけれど
この星には海も湖もないようで
僕は少し困ってしまった

つまんないな

そう思って寝転んで
見上げた空に
僕は溺れて死ねる深さを見つけた

嬉しくなった僕は少し笑って
そのまま空に 溺れて死んだ

何もかもが空の中に 小さくなって

やがて消えてしまった


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/07/15(火) 19:51:05|
  2. 空言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。