絵空言




白日夢

今日も会社の面接に行ってきた

帰りに公園のベンチで 桜を眺めながら 
板チョコを齧る


横では さっきまで飯を食い散らかしていた猿が
頭を抱え込んでいる 


「どうやって 人と関われば いいんだろう?」

猿が俺に聞いてきた


「関わる必要はなかろう

一人で生きて 一人で死ね」

ウザいと思いつつ 俺は思いつきで答える


「なるほどね 」

賢しらげに猿が頷く



いつしか猿は消え去り

俺は 散る桜を眺めながら

過ぎ行く春に 一人 溶け込む




 
 
 
 
 

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/04/07(水) 23:04:56|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<恐らく「それ」を神とは呼ばない方がいい | ホーム | 白日夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する