絵空言




おとなはわかってくれない

にちようび

あおいそらがきもちよくて

ぼくはうえきにみずをあげていた


きはねっこからみずをのむんだ

だからみずはつちにかけなきゃいけないんだ

そんなことはしってるよ


でもてんきがよくて

はっぱがきらきらしていて

ぼくははっぱにみずをかけてみた

はっぱはますますきらきらひかって

ぼくはうれしくなって

うえきもうれしくなって

ぼくははっぱにみずをかけていた


それをみていたおとながいった

 
 あれあれ このこはばかだね
はっぱにみずをかけてるよ


ぼくはなんだかかなしくなって

さびしくなって

なんにもいえずにうつむいた


それでもうえきはきらきらひかって

わらっていった



ああいうおとなに なっちゃだめだよ

 
 

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/04/11(日) 09:11:20|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<幻像 | ホーム | 恐らく「それ」を神とは呼ばない方がいい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する