絵空言 黒い夢

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒い夢

夢を見た

薄暗い 瓦礫の中に独り 立ち尽くしていた

舞い続ける灰の中で
泥に 埋まった街を 茫然と 眺めていた

雲が渦巻き始めている
間もなく雨が 降り始めるだろう
黒い雨が

生命(イノチ)を焼き尽くす 黒い雨が

雨は容赦なく 俺のイノチを削るだろう


いつもと変わらぬ朝が
今日も来たのに
いつもと変わらぬ通勤電車
いつもと変わらぬバカな上司
そして
いつもと変わらぬ夜が
今日も来ると 思っていたのに

あぁ 俺としたことが
何を懐かしんでいるのだろう

夕暮れ時の商店街
あの賑わいは 何処へ消えた
あの喧騒は
あの笑顔は 何処へ消えた
生命(イノチ)を
育み 愛でた日輪は 何処へ消えた

あぁ 俺としたことが
何に涙しているのだろう

とうの昔に すべてを捨てた筈だったのに
何でもないものが 
当たり前のものが
こんなにも俺を支えていたなんて


雨が
黒い雨が
視界を閉ざしていく

俺の肉が 焦げていく 溶けていく
そして俺は 跪き 崩れ落ちる
涙は止まらない

誰のせいだ?
痛みの中で思考が足掻く

何処かで誰かが指示を出した
「さぁ 始めよう」

何処かで何かが呟いた
「もう 必要ないな・・・終わりだ」 

いったい誰のせいなのか?
誰のせいで こうなった?


力尽きかけた思考が
脳に 爪を立てる



「それがおまえの世界なら
そうなったのは おまえのせいだよ

誰かのせいに している限りは
おまえのせいだよ」



思考が 崩れ落ち

世界は 黒く 塗り潰された







 

テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/04/29(木) 23:02:05|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<素数 | ホーム | 空の向こうへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。