絵空言 新月の夜に

絵空言




新月の夜に

あたしは椅子に座っている

机に頬杖ついて
コップを 眺めている

コップ コップ コップ…

これは 何なのだろうな

ガラス  硝子  グラス
二酸化硅素? いや そうじゃなくて

これは コップ

いや コップと呼んでいるだけで

「これ」が先にあって
仮にコップと呼んでいるだけで

これはコップと呼ばれている 「何か」だ

そして今 その中にはウオッカと呼ばれる「何か」が 入っている

飲み干せば 
ただの「何か」
飲み干さなくても
ただの「何か」

これは何なのだろうな

あたしという「何か」は
椅子と呼ばれる「何か」に座り
酒と呼ばれる「何か」を飲みながら
窓と呼ばれる「何か」を通して
夜空と呼ばれる「何か」に
月と呼ばれる「何か」を探している

でも新月だったので
月と呼ばれる「何か」は 見つからなかった





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/05/16(日) 00:38:35|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<望郷 | ホーム | 遁走>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する