絵空言 星に願いを

絵空言




星に願いを

星が一つ 光って消えた
苦々しいモノ  凶々しいモノ   
いつまで握りしめているの

星が二つ 光って消えた
禍々しいモノ   痛々しいモノ
いつまでしがみついているの

ねぇ もうやめにしようよ
眼を血走らせて あなたは何を主張しているの
そんなにムキになって あなたは何を守っているの
あなたはあなたを守りたいだけなんじゃないの

ねぇ あなたの価値は
そんなところにあるんじゃないでしょう?
本当に大切なものが何なのか 
本当に守らなきゃならないものは何なのか
あなたに見定めて欲しいのに
あなたが自分で見極めなきゃならないのに

ねぇ どうしてあなたは
そんなにも頑なになるの?
耳を閉ざして 目を閉じて
いつまで心を閉ざし続けるの?

ねぇ どうしてわからないの?
守らなきゃ壊れちゃう価値なんていらない
誰かを傷つけなきゃ守れない価値なんていらない

握りしめて しがみついて 
硬直すれば打ち砕かれる
打ち合って砕き合って 
あなたは一体何処へ行くつもりなの?
ねぇ 一体何処へ行こうというの?


星が三つ 光って消えた

この星の光が どうか 消えませんように
どうか どうか 消えませんように



テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/05/23(日) 05:27:58|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<あゝ 神よ | ホーム | 忘れモノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する