絵空言 何処か へ

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何処か へ

ふらりふらりと 黄昏時の町を歩いていく
長く伸びた影は まるで僕ではないかのよう

ふらりふらりと 家路を辿る
町の家々は 夕食の支度で忙しい
あぁ この家は 煮物かな
こっちの家は 炒めものかな
懐かしい香りが町に漂う

ふらりふらりと 家路を辿る
お母さん そんなに子供を叱っちゃいけないよ
ほら 君たち あんまり駄々をこねちゃいけないよ
そんなにお母さんを困らせちゃいけないよ
懐かしい喧騒が町に漂う
さぁ 僕も家に帰ろうか

・・・家・・・僕の家?
あぁ そうか
僕はもう 家に帰れないのだったっけ
僕の家は もう 無くなってしまったのだったっけ

あぁ そうか
僕はもう 行かなきゃいけなかったんだ


何処へかは わからないけど




此処ではない  何処かへ



テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/05/30(日) 18:19:24|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<理由 | ホーム | 神様と子羊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。