絵空言 理由

絵空言




理由

あなたに読んでほしくて
あたしは詩を書く

あなたがいつか
これを目にする日が来ると信じて
あたしは詩を書く


たとえあなたが
これを目にしたときに
あたしだと気づかなくてもいい


これを唾棄すべきものと
踏み躙ってくれてもいい

認めてくれなくていい
忘れてくれていい


ただ あなたの意識の裾が
あたしに触れてくれればいい

ただ あなたの記憶の片隅に
一瞬でもあたしが触れてくれればいい

それだけであたしには十分なんだ


その日のために あたしは詩を書く
あたしの詩は すべてその日のためのもの

 
あなたのために あたしは詩を書く
あたしの詩は すべてあなたのためのもの


テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/01(火) 18:16:33|
  2. 詩のやうな
  3. | コメント:0
<<自分に言ってみる | ホーム | 何処か へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する