絵空言




お前は まだ 死ねない

人間にすらなれない お前には

人間ですらなくなることは 無理だ

まずは人間に ならなければ ね



人間から堕ちるためには

人間として生き切らなければ  ね


人間から逃げ続ける限りは

お前はまだ
           絶対に 
                         闇には届かないよ





        ましてや 光に



                                届く


                                        筈もない








私は

     私に

何となく 
        つぶやいてみたが


                何のコトなのか


    私には

          よく            
                    わからなくて


人間ですらない私は

              人間を拒否した私で


       人間を  生きるコトなど

私にとっては 絵空事で


   闇は  ただ  此処にあって
     
私を 覆い 
      私を  包み

                私を やさしく 殺してくれるけれど


          光などは ただ 眩しいばかりで

          私の役には 


   まるで   
                       立ちはしない




だから  私は

   つぶやいてはみたけれど


それは全くの

  
                 空っぽの



  
                                              冗談







テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/21(月) 18:04:03|
  2. 空言
  3. | コメント:0
<<北回帰線にて | ホーム | 秋風>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する