絵空言 読み方の注意事項

絵空言




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読み方の注意事項

軽く読み流してください

これらの文字列を 間違っても 詩だ などと思わないでください
間違っても 正座して 背筋を伸ばして 読まないでください
間違っても 眼を血走らせて 眉間にしわを寄せて 読まないでください

書き手の事情と読み手の事情は まるで まったく 違いますから

例えばあたしは 鼻をほじりながら 呟きます 
「イノチは哀しい」
鼻毛を抜きながら ペンを走らせます
「この鼻毛は太くて短い」じゃない「人生 太く短く生きようぜ」
例えばあたしは考えます(この季節限定コアラのマーチ 電子レンジで温めると超うまいな)
そして書きます
「ヒトは どうして 苦しめ合うのだろう?」

どうですか?
真面目に読む価値 ないでしょう?


つまりこういうことです

あたしのくだらない冗談を あんたは 真剣に読むかもしれない
で あんたは言うかもしれない
    これ 論理的整合性に欠けてますが?
怖い顔して言うかもしれない 
    結局 あなたの真意は何処にあるのですか?
あたしは思うよ それ 冗談だから 
真に受けないでよ 深い意味 ないから
でも あんたに伝える気はないけれど
あんたも聞く耳ないけれど

あたしの血のようなコトバを あんたは 鼻で嗤うかもしれない
    これ 真面目に書いてませんよね? 
あんたは 言うかもしれない
    全部冗談ですよね?
あんたは ニコニコしながら言うかもしれない
あたしもニコニコしながら言うよ
               うん 冗談だよ 端っこから隅っこまで全部冗談だよ
いいよ 別に あたしは 冗談だから
あんたがあたしを冗談にしても
いいよ 別に あたしの存在が 冗談だから
全然気にしない
ホントに平気
何ともないよ

あるいは こう言うかもしれない 
奇抜な詩ですね面白い詩ですね下手糞な詩ですね
違うよ全然全く鼻毛の先まで違ってるよそうじゃないよ
褒めても貶してもそんなのはまるっきりの見当違い
技巧や評価なんて あたしにはどうでもいいんだよ
まるで まったく 興味ないんだよ
いや そりゃ ま あんたの勝手だけどね
そんなつもりで書いてるんじゃないんだよ
でも あんたに伝える気はないけれど
あんたも聞く耳ないけれど

あたしは疲れたので もういいや
そうあんた 間違ってないよ
はいはい あんたの言うとおり
真意の所在は不明確
空っぽの 面白くも何ともない ただの 文字列
じゃない 詩  これ 詩だよ
ときどき たまに ちょっと面白い雰囲気のする 暇つぶし


まぁ そういうわけで

聞き手と語り手は その言霊を 共有するかに見えて
 
  まぁ そういうことも
    あることはあるのだけれども
          なくはないのだけれども

語り手と聞き手は まるでまったく 別な世界に遊んでいることも
わりとよくある話ですから

だから これは 

軽く軽く読み流してください
何処までも軽く 読み捨ててください


初めっから最後まで 鼻歌交じりで 流し読みして 







そして全部 忘れてください






テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/25(金) 18:14:58|
  2. 説明
  3. | コメント:0
<<不可逆的過程 | ホーム | わからないこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。